静かな環境のポイント

静かな環境で生活するためには賃貸住宅の構造だけでなく、周辺の施設にも注目したほうが良いでしょう。近年駅チカなどと評され人気の高い物件は線路や幹線道路の近くに建設される傾向があると思います。建物自体の防音性は高くても周辺の施設から発せられる騒音がその防音性を残念なものにしてしまうかもしれません。特に鉄道は終電から始発にかけて工事用車輌が作業を行っていたりしてひっきりなしに騒音を発してしまい、引っ越した方も居るようです。

他にも嫌悪施設と呼ばれる物件にも注意が必要でしょう。嫌悪施設とは幹線道路や、飛行場、鉄道、航空基地、大型車の出入りする施設などが挙げられます。不動産会社は重要事項説明において近隣に嫌悪施設があることを入居希望者に説明しなければならないとされています、しかし、何メートル以内にある場合などと具体的に定められているわけではないので、入居希望社は感度を高くして調べていく必要があるといえるでしょう。

同居人の構成にも注意を払うと良いと思います。単身のサラリーマンが寝に帰ってくるだけのような部屋とペットや小さな子供が居る家庭とでは発生する騒音が異なることは想像に難くないでしょう。個人情報なので近隣の入居者が具体的にどのような家族構成か教えてくれることはないと思います。しかし、不動産業者にしっかりと伝えれば曖昧な表現で回答がもらえるかと思います。子供とペットは改善されることが少ないのでこの2店は確認しておくと良いでしょう。

さらに、角部屋も検討してみてはいかがでしょうか。角部屋は日当たりがよく賃料が高い傾向にあります。しかしそれだけではありません。角部屋は隣接する部屋が減るため騒音に悩まされることも減るでしょう。その上、共用部分の自分の玄関の前を通る人は角部屋だと自分だけになることでしょう。エレベーターが直ぐ側にある角部屋はおすすめできませんが、そうでないのなら選んでみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *