楽器可物件と楽器相談物件は、全く別物

賃貸物件を探す際、物件によっては「ペット可物件」、「新築物件」、「保証人不要物件」などの様々なうたい文句がついた住宅も多いのではないでしょうか。
そして日常から家で楽器を演奏したいと考えている方の場合、楽器についての条件に特に着目して物件を探していくことになるはずです。

楽器に関してのうたい文句としては、「楽器可物件」、「楽器相談物件」がよく知られています。
一見ほぼ違いは無さそうにも思えるこの2つのワードですが、実は全く別の条件をさしているのをご存知でしょうか。

「楽器可物件」は、基本的には楽器を演奏する方を対象として限定し、入居する方を募集している物件となっています。
そのため、楽器を演奏して多少音漏れしたとしても、同じ物件に住む他の住民も楽器を演奏する方であることからお互い様であり、クレームに繋がりにくいというケースが多いようです。

物件にもよりますが、「楽器可」とうたっている場合は、鉄筋コンクリートのマンションなど構造的に防音性が高めとされている物件だったり、特別に防音性を高める工事(防音工事)が施されている物件だったりという場合がよくみられます。
そのため賃貸物件の場合、「楽器可物件」は普通の物件より少し割高めな賃料が設定されている傾向にあるようです。

対して「楽器相談物件」は、楽器を演奏する方でも演奏しない方でもどちらでもよい、という条件で入居する方を募集している物件となっています。
この場合、同じ物件に住む他の住民には楽器を演奏しない方である方もいる、という確率のほうが高くなります。
なぜなら一般的には、楽器を演奏しない方のほうが演奏する方よりも格段に多いからです。
もし楽器を演奏して音漏れした場合、楽器を演奏しない他の住民からクレームが入る可能性もかなりあるといえるのです。

「楽器相談物件」に入居した方の中には、楽器が演奏できると契約したのに、入居後に他の住民からクレームが入りトラブルになったことや、実は厳しめな時間制限が設けられていたことなどが原因で、実際は思うように演奏ができなかったという状況になってしまった方もいらっしゃるようです。

本当に楽器を演奏したいと考える方の場合は、「楽器相談物件」ではなく「楽器可物件」を探すようにしましょう。